枕の知識

ビーズ素材枕の魅力と特徴!どんな方におすすめ?人気のビーズ素材枕も紹介!!

投稿日:

枕の素材の中でも人気のビーズ素材ってどんな素材?

ビーズ素材の枕は数多くある枕の素材の中でも人気の素材の1つです。

枕の素材で代表的なものといえば、低反発ウレタンパイプ素材もメジャーですね。

それぞれの素材に特徴があり、選ぶ素材によって枕の硬さや通気性、フィット感など、様々な要素が変化することになります。

枕の素材を選ぶことは枕選びにおいて大きなポイントであり、素材を選ぶことが枕を選ぶことだとも言えるかもしれませんね。

今回は枕の素材の中でも人気の高い「ビーズ素材」について紹介させていただきます。

ビーズ素材枕はどんな方におすすめ?

こんな方におすすめ

      • 柔らかめの枕がお好みの方
      • フィット感のある枕がお好みの方
      • 感触の気持ちいい枕をお探しの方
      • 水洗いできる枕をお探しの方(できないものも多いです)

ビーズ素材枕の代表的な商品は?

ビーズ素材の枕は非常に多いです。

その中でも最もメジャーなのが王様の夢枕です。

超有名ブランドなので耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

ビーズ素材枕の中でも超極小の独自の超極小ビーズとポリエステル綿を使用し、独自の「むにゅふわ」な触感で大人気の商品です。

王様の夢枕の中にも様々な製品(枕、抱き枕、クッションなど)があり、老若男女に人気のある枕です。

ビーズ素材の枕の特徴

ビーズ素材はそれぞれ大きさは異なりますが、枕には極小のものが使われている場合が多いです。

ビーズ素材は独特の触り心地でクッションや癒し系グッズにも使われます。

幅広く利用されている素材です。

ビーズ素材は1つ1つの粒子が細かいことが多く、ビーズ素材の枕は流動性が高く、自在に変形し、使用者の頭にフィットしてくれるという特徴があります。

ビーズ素材枕のメリット・魅力

ビーズ素材の最大の特徴は流動性が高く、頭の形にフィットしてくれるというところです。

さらに、枕の素材の中でも触り心地が気持ちいいということでビーズ素材の枕を気に入っているという方も多いようです。

また、他の低反発素材のように、頭にフィットしてくれますが、ビーズ素材の枕はそれに加えて頭をある程度しっかり支えてくれるのも大きな特徴です。

低反発素材は頭にフィットしてくれる反面、安定感がないということが懸念点である場合が多いですが、ビーズ枕はフィット感に加えて安定感もあるというところが大きな魅力です。

ただし、他の低反発素材と比較すると安定感があるというだけであって、流動生が高いので安定感が物足りないと感じる場合もあります。

ビーズ素材枕のデメリット

ビーズ素材枕のデメリットとしてあげられるのが熱がこもりやすいという性質があります。

熱がこもりやすいため、冬場には快適に使用できますが、温度が上がってくる夏場に関しては熱がこもりやすくなるため、夏場には汗をかいてしまって快適に使用することができないということもありません。

この欠点は枕カバーをひんやり感のあるものを使うなどして補う必要があります。

また、寝返りが打ちにくいという懸念点もあります。

寝返りが打ちやすいように対策されている枕も多いですが、ビーズ素材の枕に関しては基本的には寝返りがしづらいものも多いのが現状です。

ビーズ素材は流動生が高いため、体にしっかりフィットしてくれるというのがメリットですが、フィット感がいい反面、体が身動きが取りにくくなってしまう場合があります。

そのため、寝返りが打ちにくくなってしまうという場合があります。

寝返りは睡眠における負荷の分散や血流の正常化などで大きな役割を果たしているため、この点においてはやや克服すべき問題と言えるでしょう。

【寝返り】寝返りをするのはどうして?〜寝返りしやすい枕を使用して体の不調を改善しよう〜

ビーズ素材枕のお手入れは?

ビーズ素材の枕に関してはお手入れはその枕ごとに異なる場合があります。

基本的には水洗いはできませんが、一部商品では水洗い可能な場合があります。

通常の場合では風通しのいいところで陰干しをするのが通常のお手入れになります。

ビーズ素材枕はどうやって選ぶ?

ビーズ素材枕はフィット感があって、気持ちがいいので人気があります。

しかし、寝返りの打ちやすさという点がやや懸念点になります。

そのため、ビーズ素材枕を選ぶ場合は、ビーズ素材枕の中でも寝返りが打ちやすいものを選択することが枕選びのポイントになります。

さらに、ビーズ素材は水洗いができるものとできないものがあります。

枕は頻繁に洗濯する人とほとんど洗濯をしない人で分かれる場合が多いですが、枕はしっかり水洗いして清潔に使いたいと考えている方は、ビーズ素材枕を選択する場合は選択可能かどうかを購入前にチェックしておくことがおすすめです。

ビーズ素材枕の買い替えどきは?

ビーズ素材枕の買い替えどきは、ビーズが枕の形を形成できなくなった時です。

ビーズが潰れてしまった場合など、形を形成できなくなった場合は買い替えを考えるタイミングです。

寿命は1〜5年程度と幅広いですが、枕の形が崩れてきたら買い替えを考えてください。

本来の持ち味の流動性も低くなり、安定感はさらに落ち込みます。

<h3>ビーズ素材は寝返りのしにくさと熱がこもりやすいという点を克服すればいい素材

ビーズ素材枕は寝返りの打ちにくさと熱がこもるという2点さえ克服すれば感触も気持ちがよく、フィット感抜群でおすすめの素材になります。

この2つは、枕ごとに対策が施されているものも多いので、寝返りが打ちやすいものを選んだり、枕カバーをひんやりしたものにしてみたりすることで克服できるのでおすすめです。

ビーズ素材枕の代表ブランドとも言える王様の夢枕にも「王様の夢枕クール」のようにカバーがひんやり素材のものを使っているものもありますので、公式サイトをご覧ください。

他にも枕カバーを硬めのものにすることで寝返りの打ちやすさを改善しているものなど、様々な枕が販売されています。
関連記事



-枕の知識

Copyright© 安眠枕おすすめ人気ランキング【最新版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.