枕の知識

【睡眠の質】寝酒は睡眠の質を下げる!?寝る前のアルコールが危険な理由

更新日:

眠れない夜に頼りがちなアルコール


みなさん、日々のストレスや暑さなどで眠れないということも多いかと思います。

なかなか寝付くことができず、悩んでいませんか。

睡眠するために工夫していることは人それぞれあるかと思いますが、1つ注意が必要なことがあります。

それが「寝酒」です。

お酒を飲むと簡単に眠ることができますよね。

しかし、この睡眠するためにお酒を飲む「寝酒」はあまりおすすめできるものではないんです。

お酒を飲むと安眠できるというのは勘違い

お酒を飲むと気がつくと眠くなっていて、いつの間にか寝てしまいますよね。

なかなか眠れない夜はお酒の力を借りて眠ろうとすることもあるかと思います。

実際、私も以前まではお酒の力を借りて睡眠していました。

眠れないときの最終手段的な存在でした。

なんだかぐっすり眠れたようにも感じていました。

これがなんと、勘違いなんです。

寝酒は睡眠の質を下げている


寝酒は入眠には大きな効果を示します。

寝酒をしたことがある方なら実感があるのではないでしょうか。

寝酒は、寝始めの睡眠を深くしてくれることがわかっています。

睡眠は浅い眠りの「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」を繰り返します。

寝酒をすることで、睡眠までの時間を短くし、さらに、深い眠りの「ノンレム睡眠」のレベル3・レベル4といった非常に深いレベルの睡眠である「徐波睡眠」といったレベルまで深い眠りに導くことが分かっています。

寝酒をすると深い眠りについように感じるのはこのためです。

しかし、この深い眠りの効果があるのは入眠してからの一時的なものです。

深い眠りから浅い眠りに切り替わると、浅い眠りが長時間続いてしまいます。

これはアルコールの「反跳性作用」によるものです。

この結果、中途覚醒を招きやすくなり、睡眠全体の質は下がってしまうんです。

寝酒をして眠った時、途中で目が覚めてしまったという経験があるという方も多いのではないでしょうか。

深く眠れたと感じていたのは、一時的なもので、全体で見ると、しっかり眠れていないんです。

アルコールの反跳性作用


先ほど記述したように、寝酒をすると深い眠りから浅い眠りに切り替わる時、浅い眠りが長時間続いてしまいます。

これはアルコールがもつ「反跳性作用」によるものです。

アルコールを肝臓で分解するときに生じるアセトアルデヒドが血液を通じて脳内に増加します。

この結果、交感神経が優位に働くようになります。

交感神経が優位に働くことによって睡眠時の脳の正常な休息を阻害してしまいます。

これによって中途覚醒が引き起こされます。

アルコール依存症への懸念も高まる


寝酒を習慣化していると、アルコール依存症になる危険性が高まる可能性があることも指摘されています。

アルコールに依存した入眠効果は一週間程度で効果が薄くなってしまうので、ついついお酒を飲む量を増やしたり、アルコールの度数を高いものを飲むようになりがちです。

最初は350mlの缶チューハイ1本だったのが、ロング缶に変わったり、アルコールの強いものにしてなんとか眠りにつこうということを繰り返していくと、どんどんエスカレートしていくため、アルコール依存症になる可能性も高まるというわけです。

寝酒は精神面にも悪影響を与える


寝酒をすることによって睡眠の質が低くなります。

この、低い質の睡眠を続けていることで、「過覚醒」と呼ばれる、心身が一定の緊張状態を続けてしまう生体防御反応が引き起こされます。

「徹夜明けで心身ともに疲れているはずなのに、頭が冴えて眠れない」こんな症状が現れていたら要注意です。

交感神経が活発な状態で働き続けることで、些細なことでイライラしたり、キレたりしてしまいます。

これが重症化すると、うつの症状が現れることもあります。

なんだか心当たりがあるという方も多いと思います。

睡眠は生活リズムをしっかり決めたり、リラックスできる寝具を使用したりすることで改善することができます。

アロマを使用する方法も最近では流行りましたよね。

睡眠を改善する方法は様々です。

しかし、「寝酒」という手段をとるには大きなリスクがあることを頭に入れておきましょう。

適切な睡眠方法でしっかり体を休めましょう。

関連記事

-枕の知識

Copyright© 安眠枕おすすめ人気ランキング【最新版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.